LINE@紹介ナビサイト

スポンサーリンク

LINE@紹介ナビサイト

初めに
LINE@ってなに?

スマホ時代になりLINEは、アクティブユーザー数が4,100万人をこえて、若者から年配の方々まで利用するようになりました。
携帯電話もガラケーの時代が終わり、スマートフォンの時代になったことと、スマホ操作がとても簡単になってラインユーザーが急激に伸びました。
ラインスタンプの発展とともに、ラインが仲間の間では通信必須アイテムとなっています。
学校の父兄の間でも、子供さんの部活連絡網としても使われてきています。
ラインって、メールと違い文字を打たなくとも変わったスタンプで返信することができるので
ラインは流行っていますし、コミュニケーションツールですね。

では話はもとに戻して、LINE@とはについてです。
LINE@は、LINEアカウントを持っている人が、ファンの人、お客さまなどに
一斉にメッセージを配信できるものです。(メルマガのようなイメージと思ってください)
LINE@の機能
・メッセージ(友だち全員にメッセージを配信したい場合)
・ホームタイムライン(友だちでなくても見ることができる)
・トーク(友だち個別に送りたい)

「LINE@」アプリをインストール
「どうやったらLINE@を始められるのか」について
個人用LINE@のアカウントを開設するには、通常のメッセージアプリとは別に、
「LINE@」というアプリをインストールをします。
(Google PlayまたはApp Storeで「LINEat」で検索インストールしてください。)
※LINE@アカウントの作成には携帯キャリアと連動した年齢認証が必要です。(18歳未満はアカウントを作成できません。)

個人用のLINE@でやれること。
1.友だち登録してくれた人全員に一括でメッセージを送信できます。
2.友だち登録してくれた人と1on1のトークもできます。
3.自動登録メッセージを設定できます。
4.友だちの数・ホーム投稿などのインサイトを確認できます。
5.クーポン・PRページ等の配信をできます。

【個人向けのLINE@は無料】

料金について

1.有料プランでは1ヶ月に送信できるメッセージの上限が50,000通(超過分は1通につき1.08円)
2.リッチメッセージが作成できる!

リッチメッセージというのは、1つの画像に複数の情報やリンク先を詰め込み配信することができることです。

メッセージ50,000通という意味合いは、友だちが1,000人のアカウントの例の場合は、1ヶ月間毎日送信しても余裕であまる計算になりますが、友だち数が10,000人の大所帯となると、月に5回程度しか送信できません。

友だちを集め方

1.友だちにLINE@アカウントのIDを教える(友達数が少ないと友達を集める時間がかかりますので、少ない人はいろいろなコミュに参加して早く増やしましょう)
2.サイトや他のSNSに追加ボタンやQRコードを添付することで、気にる記事を投稿すれば、登録してくれると思います。)

ウェブサイト・ブログに「友だち追加ボタン」を設置。
SNSでQRコードを表示。

「店舗向けのLINE@」とは?

1.友だち数の上限なし(1万人超えが可能に)
2.1ヶ月に配信できるメッセージ数に関する料金
(無料:月1回⇒月1,000通まで。
有料:メッセージ配信数無制限⇒50,000通までは無料、以降1通ごとに1.08円)
3.メッセージをカウントする方法
(例:5通同時に送信の場合は「1通」だったのが、今後は「5通」になるわけです)

ライン@は個人に開放したことによって、集客として活用できるようになったわけですね。

これまでLINE@を利用できなかったクリエイター・ブロガー・店舗のスタッフ個人の方々がビジネスツールとして活用できるようになりました。美容系や医療系のスタッフさん(顧客と密接に関わる職種で働く方)たちにとっては、より距離を縮めることが できるという意味で有効活用ができるアイテムになったといえます。
ツイッター・フェイスブックなどのSNSに近い感じのものがありますが、LINEを使っている人の多さや、LINEというメッセージアプリ独特の距離の近さは大きなポイントでしょう。
これからライン@の有益な情報を配信していきますので、
調べてほしいお店等がありましたらお知らせください!

LINE(ライン)無料通話とチャットについては、こちらをご覧ください。

感想は

Lineは個人でお友達同士の会話・連絡としてつかい、

Line@は店舗の情報(キャンペーン・クーポン)をGetする使い方がいいかと思います。

(会社・事業主さん等は、Line@をビジネスツールとして有効に利用するのが

一番いいですね。)

LINE@アプリ無料ダウンロード
iOSの場合↓       Androidの場合↓

ihon     gplay

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする